出張授業&「いのちの持ち物けんさ」 @不二聖心女子学院高等学校

January 20, 2015

今回SOARから伺った平山は、実は同校の卒業生。2年生の後輩たち約30人を前に、平山が自身の高校生活から難民問題に興味を持ったきっかけ、そして国連UNHCR協会でのインタ−ンやSOARの活動を通して、難民支援に関わるようになった経緯をお話ししました。高校2年生のみなさんにとっては、そろそろ進路について考える大事な時期。自分の数年後を想像し、期待を膨らませながら聞いていただければ幸いです。

その後、映像資料を使って難民問題の現状について学び、いのちの持ち物けんさワークショップを行いました。最後に再び映像資料を使って、世界中で実際に行われている難民問題解決のための試みについて学びました。日本での難民受け入れや、難民が生まれる国の現状についてなどももっと学んでみたかった!という積極的な意見も出していただき、難民問題の現状を切実に受け止め、興味を持ってもらえたのではと思います。不二聖心女子学院高等学校のみなさん、ありがとうございました!!

 

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

・活動報告
ⓒ 2016 SOAR  All Rights Reserved.
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now