ネパール地震チャリティ映画上映会@東大駒場キャンパス

June 25, 2015

 
6月25日、SOARのメンバー数名が中心となり、東京大学駒場キャンパスで難民の日常を描いたドキュメンタリー「オロ」の上映会を開催しました。
この上映会は、全国各地の大学でネパール地震へのチャリティ映画を上映している「P782プロジェクト*」の一環として実施しました。
 
冒頭では、UNHCRの日本の公式支援窓口である、国連UNHCR協会の職員の中村様に、UNHCRのネパール地震救援活動についてお話し頂きました。
上映された作品は、チベットからインドに逃れた少年「オロ」が主人公のドキュメンタリーで、彼らの日常生活を通して難民の問題を静かに訴える名作です。
 
参加者14名より、6412円の募金を頂きました。
お寄せ頂いた募金は、50%をネパールの地元のコミュニティーラジオ復興に、25%を国連UNHCR協会に、25%をNPO法人チャイルド・ファンド・ジャパンに寄付致します!
 
主催したメンバーは、「参加された皆様が被災地に想いを馳せることができたなら主催者として嬉しい限りです」とコメントしていました。
ご参加・ご協力頂いたみなさま、ありがとうございました!
 
*SOARが参加している「P782プロジェクト」は、難民問題を切り口に、全国782大学の学生と〈自分で考え、自分らしく社会の課題に取り組む〉ネットワークを築く試みです。
https://www.facebook.com/pages/P782プロジェクト/1439840612912421?fref=ts

Please reload

Recent Posts
Please reload

・活動報告
ⓒ 2016 SOAR  All Rights Reserved.
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now