いのちの持ち物けんさ@インド

December 6, 2015

 

【いのちの持ち物けんさワークショップ海外初進出 in インド】
  

なんと、SOARのいのちの持ち物けんさワークショップが、SOARの手を直接離れての初の海外進出を果たしました。
  
記念すべき第一回の実施は、インドのマハラシュトラ州で、国際NGOのインターンシッププログラムへの多国籍の参加者9名に対して行われました。立ち上げ以来ワークショップのメイキング・発展をリードしてきたSOARメンバーの1人である前田が修了したプログラムであり、前田が参加時にワークショップをお披露目したことをきっかけに、この度コーディネーターのStephanieさんにより再び実施を頂きました。
  
以下、参加者のフィードバックをご紹介します。
 
- 想像するだけで辛かった「喪失の疑似体験」を、ビデオを通して難民の経験と繋げたことで、彼らの置かれている状況の理解が深められたと思う。
- 喪失の疑似体験で悲しくつらい気持ちになったあと、自分のおかれた(想像上の)状況に対して怒りすら感じた。実際の難民もそうだとしたら、やるせない怒りをどこにぶつけているんだろう。
- かけがえのないものを失った難民のwellbeing(福祉)を、総合的に考えられた。例えば、物資援助やお金の援助だけでなく、メンターや健康上のサポート、教育など、色々な形で支援が必要なのだと思った。
- 個人として自分の国でできることや、世界の市民として、周囲と一緒にできることは何だろうと考えるきっかけになった。
- ワークショップを通して、世界の状況を変えることに自分も貢献できるということを感じ、勇気づけられた。
- 今自分が過ごす社会は幸せで豊かでも、同じ時代を過ごす人々の苦しみを忘れたり、無視してはいけない。状況を比較しろというのではないが、自分の状況への感謝の気持ちを持つことは大切だと思う。そこから他の人の状況をよくしようとする気持ちが生まれるから。

  
ホストとして実施してくださったStephanieさんは、「ワークショップの趣旨を正確に再現するのは簡単ではなかったが、難しくもなかった。自分が以前参加した際(前田が実施した際)にインスピレーションをもらったので、他の人にもそれを提供したいという気持ちが強かった」と語って下さいました。
Stephanieさんには英語版のマニュアルとスクリプトをお渡ししたのですが、進行もスムーズにいったようで、参加者からのフィードバックにおいても絶賛されていました。
 
ワークショップのコアである「難民への共感から出発し、世界の一員として自分が何ができるか考える」というアイデアが、このように、文字通り世界中に広がって行くことを願っています。
今回をきっかけに、今後海外での展開や英語でのワークショップの実施にも、ますます力を入れていきたいと思います。
  
英語やその他の言語でワークショップを実施してみたいという方、お待ちしております!
soar4refugees@gmail.comまで、またはfacebookページまでメッセージでご連絡ください。
  
Stephanieさん、参加者のみなさん、本当にありがとうございました!

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

フェイスブックに投稿されている実施報告(英語)

 

“My List” Workshop conducted in Maharashtra, India 

 
SOAR would like to proudly announce that our first successful workshop abroad was conducted in India. 9 participants from different parts of the world had gathered to reflect on the current global situations, and it seems that the workshop had served them to deepen their understanding and sympathy for refugees. Well done, and thank you to participants and the host, Stephanie!
 

Here are some feedbacks from the participants:
(Summarized for the purpose of article length management)

-The workshop flowed very naturally and it was easy to understand. I got a chance to think about what can I do in my country as individual, as well as what we can do together as citizens of the world. 
-Great opportunity to gain a more total understanding of refugees’ situations- sometimes we only get information in bits and pieces.
-It was a chance to reflect and see the miseries of the present world. Although I lived in a happy and generally prosperous society, many don’t have such privilege. 
-The workshop encouraged and made me feel like we could change the situations.
-This session brought me humility. We have to be aware of our comfortable conditions. I’m not saying we need to compare to the refugees’ situations and pains, but having gratitude is important, as that becomes our drive to help change the situations. 

Finally, Stephanie had told us that conducting the workshop was neither easy nor difficult, as she was inspired herself in the session that Azusa Maeda (former program participant, member of SOAR and contributor to the workshop) had conducted in their program. 
Thank you very much for taking a part in passing on the torch of awareness- we believe that continuous efforts like this is what makes the world a better and a kinder place in a long run. 

Again, much gratitude goes to the participants and the host.
Please feel free to contact SOAR if you would like to conduct this workshop in English, or any other languages (manual and script of the workshop are available in English).

Please send an email to soar4refugees@gmail.com
or message us on facebook. 

Cheers!

Please reload

Recent Posts
Please reload

・活動報告
ⓒ 2016 SOAR  All Rights Reserved.
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now