いのちの持ち物けんさ@鈴鹿中学校

July 25, 2016

 

【いのちの持ち物けんさ@鈴鹿中学校】

 

 

こんにちは!学生団体SOAR副代表の髙橋です!


暑くてジメジメした日々が続いておりますが、皆さん夏バテしてませんか?!
こまめな水分補給で今年の夏も夏バテに負けず乗り切っていきましょう!

さて、6月27日鈴鹿中学(三重県)にて「いのちの持ち物けんさワークショップ」を実践してきました!

 

今回ワークショップに参加したのは、夏の暑さにも負けない元気な中学1年生103名でした。難民問題に初めて触れる生徒たちでしたが、ワークショップを通して難民問題に真剣に向き合っていました。ワークショップの最後に行う、「今の自分にできること」「将来の自分にできること」「みんなで力を合わせてできること」という3つの問いに多くの意見が出ました。なかには、「将来UNHCRに就職する」という声も聞かれました。

 

今後、鈴鹿中学の中学1年生は文化祭にて「国際問題」をテーマに展示会と募金活動を行うそうです。今回の学びが文化祭へのモチベーションになれば幸いです。

 

誰かを応援する時、人はその相手に心を寄せられるかそうでないかで、できることが大きく変わってくると思います。私たちSOARは難民に心を寄せ、ワークショップを通して難民の人々を応援していきます!!!

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

・活動報告
ⓒ 2016 SOAR  All Rights Reserved.
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now