いのちの持ち物けんさワークショップ@聖心女学院SOFIS

August 2, 2016

 

 

【いのちの持ち物けんさワークショップ@聖心女学院SOFIS】

 

 

こんにちは!学生団体SOAR副代表の髙橋です!
7月に入りいよいよ夏本番となりましたね!イベントの多い季節です!

 

夏の風物詩である7月7日七夕の日に、聖心女学院SOFISにて「いのちの持ち物けんさワークショップ」を実践してきました。
今回ワークショップに参加したのは聖心女学院の15名の生徒の皆さんでした!

 

聖心女学院のSOFISの生徒は日頃から国際問題に関心があり、自分たちで勉強会を頻繁に行っているそうです。さらに、今年は「難民」をテーマとした聖心の姉妹校がすべて集まっての勉強会もあるそうです。今回の「いのちの持ち物けんさワークショップ」を通して、知識として難民問題に向き合うだけではなく、心を寄せて難民問題に触れるという経験は難民問題を学んでいくうえで難民について学ぶことの意義や学びの軸をそれぞれ生徒の皆さんは得ることができたのではないかと思います。実際に、生徒の授業でのリアクションはとても素直な心で難民問題を受け止めていました。また、生徒の心はしっかりと難民の人々へ向けられていました。


私たち学生団体SOARも難民の人々へ心を自ら進んで寄せていき私たちができることを団体として、そして、個人としても考え行動し続けていきます。

 

 

◎SOFISについて
SOFISとは、国内姉妹5校の有志が集まって、国際問題や社会問題に関心を持って取り組み、高校生の立場から何ができるかを考えるといった活動をしています。(札幌聖心のS、小林聖心のO、不二聖心のF、インターナショナル聖心のI、三光町(東京)聖心のS、の頭文字をとってSOFISとなる。)

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

・活動報告
ⓒ 2016 SOAR  All Rights Reserved.
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now