いのちの持ち物けんさ@立教大Re-Free

December 4, 2017

 

 

 

こんにちは!副代表の菅 晟伍です。

 

 

昨日、Re-Freeの方々に向けて「いのちの持ち物けんさ」を実施させていただきました。想像力豊かなRe-Freeの方々が、難民問題を「自分のこと」として真剣に考えておられた姿がとても印象的でした。

 

 

立教生で構成されているRe-Freeは、「祖国で生きる自由(Freedom)を何らかの理由によって奪われた難民たちが、逃れてきた日本で自由を取り戻すこと(Regain)を支援する」ことを目的に活動されています。(括弧内はRe-Freeのホームページから抜粋)

 

 

来月13日にはRe-Freeのメンバーが中心となり、「氷上で壊す境界線」と題した難民映画上映会を開催される予定で、SOARも協力団体として「いのちの持ち物けんさ」を実施させていただくこととなっています。当日は映画『ナイス・ピープル』の上映やSOARのワークショップのみならず、ゲストスピーカーによるパネルディスカッションも実施される予定です。お時間があれば、ぜひお越しください!

 

 

これからも他団体との繋がりを強化し、難民支援の輪を広げていけたらなと思います。

 


★☆★Re-Freeの活動はこちら★☆★

https://peraichi.com/landing_pages/view/refree

 

★☆★上映会の詳細はこちら★☆★

https://www.facebook.com/events/152632162132670/

 

★☆★映画祭申し込みはこちら★☆★

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSduUWlupmjSs4w5tEFTwJ2mTp8s9V1uxEwxQN9llydPATsAGA/viewform
 

Please reload

Recent Posts
Please reload

・活動報告
ⓒ 2016 SOAR  All Rights Reserved.
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now