いのちの持ち物けんさ@UNHCR協会

March 30, 2018

 

こんにちは!

SOARの藤井優花です!

 

2月1日(木)にUNHCR協会にて、いのちの持ち物けんさワークショップを行いました。参加してくださったのは、東京女学館高校の生徒さん11名です!

 

今回のいのちの持ち物けんさワークショップは、生徒さんの職業体験の一環として行われ、いのちの持ち物けんさワークショップ前にSOARメンバーも交えてミーティングを開き、そこでは私がファシリテーターを務めさせていただきました。

 

ミーティングでは「UNHCR協会とSOARの活動を広めていくにはどうしたら良いか。」というテーマで、生徒さんに様々な案を出していただきました。

電車やバスにポスターを貼るという案や、SNSに短い動画を載せて宣伝するという案など、現代に合った若者世代ならではの柔軟な意見を活発に議論し合う姿が見られました。

 

 

 

いのちの持ち物けんさワークショップでは、サポーターとして参加させていただきました。

生徒の皆さんが事前に知っていた難民についての知識を踏まえながら、自分の意見を積極的に周りに伝え、全体でも発表する姿が多く見られ、とても意味のある時間になったように感じました!

 

今回の経験で、共に難民問題について考えることの重要性が改めて感じられたので、SOARのメンバーとしてこれからも頑張っていきたいと思います。

 

★☆★学生団体SOARの活動はこちら★☆★
http://soar4refugees.wix.com/soar#!report/lrng1

★☆★授業依頼はこちら★☆★
http://soar4refugees.wix.com/soar#!apply-form/jt6ot

 

 

 

Please reload

Recent Posts
Please reload

・活動報告
ⓒ 2016 SOAR  All Rights Reserved.
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now